« 独演会を終えて | トップページ | ときわ寄席 »

2012/05/02

続、独演会を終えて

2012430m1写真は、この独演会に向けて私がチクチク縫っていた長襦袢です。

師匠の長襦袢はたいてい緑色系ですので、

彼にとっては珍しい色目

藤色というか浅紫というか、

本来、女物の反物だったのですが

(お茶子娘が欲しがって、師匠とバトルした結果、ジャンケンで師匠が勝って、師匠の長襦袢になりました。)

その反物を男仕立にしました。

小柄な福郎ならでは、です。

和裁教室の先輩にいただいた市松の半襟は、「ちょっと派手なんちゃうかー?」と照れながらも気にいった様子で、

「よっしゃー!」と思っていたのですが、

独演会の中入りの時、

お茶子娘が走ってきて、「お母んー、安全ピンー!!」

袖が長過ぎて、着物からはみ出したそうです。

あらら、縫っている間に待ち針がズレたか、

いきなり部分改築せなあかんようです。

|

« 独演会を終えて | トップページ | ときわ寄席 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/176831/54616970

この記事へのトラックバック一覧です: 続、独演会を終えて:

« 独演会を終えて | トップページ | ときわ寄席 »