2012/06/17

さがしもの

「免許証がない!」

突然、師匠が騒ぎ出すのはいつものこと。

探し物のありかを私に聞く。

「オレの免許証、どこにやった?」

知らんがな、と呆れつつ一緒に探してあげる、

これもいつものこと。

そして、探し物を見つけるのも、ほぼ決まって私の方。

今回、師匠が探していた運転免許証は

彼の水泳カバンの中から見つかった。

プールで何を運転するつもりだったんやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/11

雨が降って肌寒かったので、夜は鍋にした。

汗っかきの師匠が、「エ~、鍋エ?この暑いのに!?」と文句を言ったが

「今日は雨で寒いやん!私は寒いの!」と鍋を強行。

本当は、メニューを考えつかなかっただけという話もあるが

スーパーの肉売り場が寒かったのは、本当だ。

Oyajiobooen


さて、いざ鍋をつつき始めると、暑かった。

師匠は上半身、裸になって食べていた。

でも、ここで私が暑がっては鍋の理屈がたたない。。。

涼しい顔で、近頃お気に入りの「はっさく酒」に氷を追加した。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/12/29

年の瀬

年末恒例の年賀状は、表だけは手書きと決まっている。

朝からせっせと書きに書いて、その間

洗い物も洗濯も師匠が受け持ってくれる。

有難いことは有難いのだが、

師匠がせっせと動いてくれると必ず何かしら不具合が出てくる。

「台所の電気、つかへんから思いっきり引っ張ったら、コードが抜けた。」

「洗濯物ひっかけただけやのに、ハンガーが折れてもた。」

ホラホラ見て見て、こんなんやねん、といちいち報告してくれる、

その度にドキッとして年賀状書く手が止まる。

・・・大掃除の前に、壊すだけ壊してくれたらエエか、本人やってやってる感やし。

でも、一日でも早く書き上げて主婦復帰しなければ、

買い替える物が果てしなく増えそうで怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/17

独演会当日です

昨日一日アレコレ準備して

多分、抜かりなく揃えられたと思う。

大阪まで電車で行くことにしたので、

よりによって寒い寒い日になってしまったけど

雪なら、雨が降るよりマシと考えよう。

後は、大阪でのお茶子は初めてのお茶子娘が

帰宅するまで着物のままで耐えられるかどうか。

師匠が起きてくると、「朝ごはん食べよー!」と騒ぎ出すので

今だけ私の平和な時間。

おっと、腕を伸ばし始めた。

あかんやん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/16

師走

12月に入って、

気ばかり焦る間に事始めが終わり、あっという間に明日は独演会。

年に2回を襲名してから続けて通算19回目なんだから

準備に馴れてもいいだろうに、

会の直前は、相変わらず不安で仕方がない。

めくりを家に忘れていった独演会、

大入袋の準備を忘れていた会、

楽屋用の番組表をコピーしたものの置き忘れた時、

毎回、何かしら忘れ物がある。

師匠も足袋を忘れて、繁昌亭近くの呉服屋「司光」さんに駆け込んだことがある。

ええっと、忘れ物はないかいな~と

家の中をうろうろしているだけで時間がたって

よけい焦ることになるのだ。

忘れたものはないんだから仕方ないやろー、と居直れるかな私。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/30

大移動

先月は北陸演奏旅行に行ってたお茶子娘が

時代祭の日は鈴鹿サーキットでパレード。

巡行を終えて、サンダーバードで石川県に向かう師匠と入れ違いで帰宅したと思ったら

この週末は、青森へ。

吹奏楽部じゃなくて、旅サークルに入ったのかと疑うほどの移動ぶり。

授業は?

広島にいる兄貴が本気で心配している。

ともかく、青森から新幹線を乗り継いで帰ってきたお茶子娘は

長時間座りっぱなしで、お尻が赤くなっていた。

「青森はね、寒いことは寒いけど、京都と違って、すきっと寒い。」

関東以北に行ったことがない私、

「すきっとした寒さ」というものを想像してみた。

よく冷えた炭酸・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/20

お土産2

20119201お茶子娘の北陸演奏旅行のお土産、

我が家では大受けした。

桃鉄の次の発売が決まらないのはさびしいが、日本全国を鉄道で回り、名産を買ったりご当地イベントで盛り上がるゲームとしては、東北の物産がなくては、ということらしい。

今日のお昼は、彦八まつりで松五くんから買った喜多方ラーメンにして、僅かでも支援した気持ちになろ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/09/14

お土産

Img_2600東北から帰ってきた師匠が、

季節外れの風鈴を買ってきた。

「ええ音すんねん。」

嬉しそうに早速ベランダにつるしている。

この恨めしいほど厳しい残暑が早く終わってほしいのに

まるで、まだまだ夏本番!というかのような振る舞い。

南部鉄の風鈴は高く澄んだきれいな音で、風鈴に罪はないんだけど

チリリ~ンと鳴るたびに、なんとなくムッとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/19

野次馬

福知山でのお仕事「ふくち寄席」のついでに、

ずうっと以前からお世話になっている方のお見舞いに一緒に行こうということになった。

朝8時30分には出発するぞ、とTVを見ながら言ってた師匠が

「火事や!」

叫ぶと同時に、自転車に乗って煙に向かって走りだした。

見ると、TVの隣の窓いっぱいに真っ黒い煙が・・・、

我が家より一筋か二筋か南のおうちのようだ。

南向きの3階のベランダに出て、消防署に電話して、

それから私も、やっぱり表に出てみた。

半時間もかからず火は消し止められて、家人も無事だったようすに

集まった人達は、ぞろぞろ自分の家に帰り始めた。

それでも師匠は帰ってこない。

そろそろ出発と自分で宣言した時間だけど?

私が化粧をして身支度を終えて、持ち物揃え終わっても、帰ってこない。

ジリジリして、再び3階のベランダから探してみると、消防車の向こうにいた。

15筋程も南のお寺から、バイクに乗って野次馬にやってきたご住職と話し込んでいる。

師匠より上手がいたか~。

  

そんなわけで、福知山への道中、車を飛ばしたのはいうまでもない。

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/15

大震災

大変な状況で、被災した方々には謹んでお見舞い申し上げます。

TVに映し出される映像に、夫婦して「うわ・・・!」としか言葉がなくて

つい先日飛び立ったはずの仙台空港が・・・、

水浸しになる様を、あっけにとられて見ていた。

普段は静かな私の携帯にも、チェーンメールの波が押し寄せている。

名取市の異邦人~、大丈夫!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧